なぜ弁護士が良いか

なぜ交通事故に遭ったら弁護士に相談、または、依頼すると良いのか、その理由をいくつか紹介します。まず、保険会社はどうしても自社の収入を考慮しがちですが、弁護士は報酬の額によって利害関係が変化します。ある法律事務所では、交通事故被害に遭った人からの依頼を受けた時、着手金は無料で弁護士報酬は獲得金額の10%となっています。つまり、弁護士は被害者が得た損害賠償金が多ければ多いほど報酬が大きくなり、被害者が損害賠償金を得ることができなければ、費やした労力は徒労に終わってしまいます。

次の理由に、交通事故は民事事件の他に刑事事件の側面も持ち合わせていることが挙げられます。民事事件は、加害者側の保険会社が賠償金をどの程度支払うかを決定する手続きで、刑事事件は、加害者をどれくらいの刑に処するかを決定する手続きのことを指します。加害者が交通事故を起こし、過失運転到死傷罪や危険運転到死傷罪などの罪に問われた場合、刑事事件として被害者が刑事裁判に参加することができます。しかし、被害者にとって刑事裁判は心理的負担になるケースが多いため、弁護士が被害者に刑事裁判に関するアドバイスや必要な手続きができるように、被害者参加弁護士制度があります。この制度は、弁護士が被害者に代わって質問などをすることも可能です。