弁護士に相談しよう

交通事故被害に遭ったがどのように対応したら良いのかわからない、という方は多くいらっしゃるでしょう。その場合に治療費や慰謝料などの支払いをおこなうのは、当然加害者側の保険会社になるため、保険会社に相談すれば良いと思われがちですが、それは誤りです。その理由は、保険会社が主に保険料によって収入を得ていることにあります。保険会社が利益を上げるためには、支出となる被害者に支払われる賠償金を少なくしなくてはなりません。そのため、加害者側の保険会社は、被害者への賠償金がなるべく安く済むようにする傾向があります。

それでは、被害者側の保険会社に相談すれば良いと思うかもしれませんが、これも間違いです。交通事故が起きた場合、被害者側の保険会社が加害者側の保険会社と賠償金について交渉することは、法律によって禁じられています。保険会社に相談することによって、保険の内容に関してや、適用される保険があるかどうかなどを詳しく知ることができるかもしれませんが、損害賠償や慰謝料などについては専門知識が乏しいこともあります。

これらのことから、保険会社への相談はあまり好ましくないことがわかるでしょう。それでは、どこに相談すれば良いのか、それは弁護士です。交通事故を起こしてしまうと免許や損害賠償など様々な問題が出てきますが、それらは法令と判例で決定します。そのため、法令と判例に精通している弁護士に相談するのが、一番の得策となります。当サイトでは、交通事故被害に遭った後の弁護士への慰謝料請求に関する相談、または、依頼について紹介しています。